曲中で歌う歌詞です。

舞姫さんはしっかり覚えてくださいね。

 

よしや 此(こ)の身が
どうなり果てようが 
國(くに)に自由が残るなら

遠く聞こえる夏の声
沸き立つ雲を揺さぶりて

遠く聞こえる夏の声
奇(く)しき声にぞ世は移ろう

夏の声に鬨(とき)を預けて
移ろう影を追いかけてゆく